ホーム > 歯周病

歯周病

歯周病

歯周病は予防が重要。自覚症状が出ない内に

毎日の歯磨きでは落としきれない汚れが、歯垢となって歯の隙間(歯周ポケット)にたまり、その中で大増殖して炎症を起こすのが歯周病です。歯周病は進行するにしたがって歯の根の部分を溶かしますので、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

しかし、かなり末期に近付くまで自覚症状がないのが、歯周病の恐ろしいところです。つまり初期の内に治療するには、何もなくても定期検診を受ける「予防の意識」が最も重要なのです。

歯周病の進行

段階1
歯と歯の間、歯茎との隙間に歯垢(プラーク)がたまります。この中で歯周病菌が繁殖していきます。

段階2
歯肉が炎症を起こし始めます。まだ痛みなどはありませんが、歯磨きの際に出血があれば要注意です。

段階3
炎症が組織全体に広がり、歯周炎を起こします。

段階4
歯周病菌が歯と歯根膜を溶かす酸を吐き出すため、次第に歯根が歯肉から剥がれ始めます。

段階5
顎の骨まで溶かされてしまい、歯が支えられなくなって抜け落ちます。

歯周病の原因

1.噛み合わせが悪い
噛み合わせが悪い場合、歯ブラシが隙間に届きにくくなるため、歯垢や歯石がたまりやすくなります。

2.歯磨きが不十分
歯に食べかすが付着したままにしておくと、それを栄養源として歯周病菌が繁殖します。

3.入れ歯、詰め物、被せ物
隙間に食べかすがたまりやすくなるため、歯周病菌が繁殖しやすくなります。

4.糖尿病などの全身疾患
抵抗力が弱まってしまうため、炎症が起きやすい状態になります。

歯周病と全身疾患の関係

全身疾患が歯周病の原因ともなり得るのは上記の通りですが、逆に歯周病もまた全身疾患の原因となる場合があります。
歯周病菌が血管に入り込むことで全身にまわり、肺炎や糖尿病の原因になることもあります。

また歯周病は、心臓病になる確率を通常の2~3倍、女性の場合早産や未熟児出産となる確率を通常の7倍にしてしまうというデータがあります。