ホーム > 審美歯科

審美歯科

審美歯科

こうだ歯科で、「健康で美しい歯」を。

審美歯科とは、その名の通り「審美性の高い歯」、つまり見た目のよいお口元を実現する治療を行うものです。
銀歯やすきっ歯が見えるからといって、口を大きく開けられない、コンプレックスを感じてしまう、といったお悩みを解消してまいります。

しかしこれは当然ながら「見た目だけよければいい」というものではありません。
患者さまのお口に合った自然なバランスや噛み合わせを考え、機能性も考えて総合的に「心身の健康」を実現できるものではなくてはならないと考えています。

こうだ歯科での審美歯科治療

メタルフリー治療で、金属アレルギーのリスクをなくす

これまで虫歯治療で使われることの多かった銀歯は、時間の経過とともに唾液と反応して溶け出し、金属アレルギーの原因となってしまうリスクがありました。
そこで銀合金の成分を取り除き、代わってセラミックのような金属を使わない素材を用いたメタルフリー治療を行うことで、金属アレルギーのリスクをなくすことができます。

歯ぐきの黒ずみを起こさせない

銀歯に使われている銀合金は、金属アレルギーを起こす可能性があるだけでなく、歯茎に黒ずみを生じさせてしまう場合があります。
これもセラミックによる技工物に代えることで、健康的な歯茎を取り戻すことができます。

虫歯の再発リスクを大幅に低減

銀歯は硬く精密な加工が難しいということと、接着力が弱いことから歯との間に微細な隙間をつくってしまうことが考えられます。
そこから虫歯が発生するリスクは高いため、精密な加工ができて接着力も高いセラミックに代えることが非常に有効です。

こうだ歯科の審美歯科メニュー

オールセラミックインレー・クラウン

インレーとは歯の詰め物、クラウンとは歯の被せ物のことです。
いずれもすべてセラミック製にすることで、自然な歯に近い光沢と透明感を得ることができます。

ジルコニアクラウン

人工ダイヤモンドの材料として有名なジルコニアを使用しています。美しさと耐久性を高いレベルで兼ね備えています。

メタルボンド

金属製のフレームにセラミックを焼き付けています。オールセラミックに比べると透明感に劣りますが、金属ならではの強度というメリットがあります。
ただし、そのことから金属アレルギーのリスクはゼロではありません。

ゴールドコア

芯の部分が金合金、または白金化金でできています。
適度にやわらかいので歯茎をいためず、錆びにくいというメリットがあります。

ハイブリッドインレー

歯科用プラスチックであるレジンと、セラミックを併用した詰め物です。適度なやわらかさがあるのが特徴ですが、時間と共に多少変色する場合があります。

ラミネートベニア

歯の表面をうすく削って、その上に薄いセラミック片を貼り付けることで理想的な白さを実現します。基本的に前歯に使用し、軽度のすきっ歯の解消にも役立ちます。

ホームホワイトニング

患者さまに合ったマウスピースを製作しますので、ご自宅でそこにホワイトニング剤を入れて一定時間装着していただくことで、歯を美しい白さにすることができます。

PMTC

歯科衛生士が専用器具を使って行う、プロのクリーニングです。普段の歯磨きでは取り切ることのできない歯垢や歯石をすべて取り除くことができます。
虫歯や歯周病の予防や、歯の着色予防になりますので、数カ月ごとに定期的に行うのが理想的です。

ガムブリーチ

喫煙やコーヒーを飲む習慣があると、その色素が影響して歯茎が黒ずんでしまうことがあります。そこでレーザー照射を使い、黒くなった歯茎を健康的な色に戻すことができます。